Square Eddie(スクウェアエディー)

アメリカにスクウェアエディー Square Eddie(牡5歳)という馬がいます。

(父スマートストライク、母父エルグランセニョール)

2歳でG1・ブリーダーズフューチュリティを勝ちBCジュヴェナイルでも2着になり、翌年のケンタッキーダービーでも有力視されるほどの馬でしたが、脚部故障を抱え若くして引退、種牡馬入り。

ですが、故障が癒え時計を出せるまでに回復し、「それなら現役復帰させてみようか」という事になったのか判りませんが、1月15日にサンタアニタ競馬場のAW6.5ハロン(1300m)の一般戦(日本で言うOPくらいなもんですか?よくわかりませんが)にて現役復帰と相成りました。

いきなり復帰戦でコースレコードをたたき出す圧勝w

ウマ語で「僕は生まれながらにして諸君らとは運命が違うのだよフフン」とでも言ってるのかもしれないですがw

AWながら6ハロン通過タイムが1分6秒81ですから、アグネスワールドの「芝1200」のレコード1分6秒5並のお化けタイムですね。

それで、この馬が気になって動画をYoutube巡りしてたどり着いたのがこの動画。

足の故障を発症する直前、アメリカの名門ダグ・オニール厩舎でケンタッキー・ダービーに出走するために調整している時の映像です。(2009年)

あまり高画質ではないのですが、常歩の時の飛節の粘っこく弾けるさま((c)でぃらんさん)と言いましょうか、特に自分が気に入ったのが前脚の繋ぎと馬体前部全体の動きの柔らかさですね。書道で筆を下ろした時のあの毛先の動きのようなしっとりとした柔らかさがありながら、きちんとスナップが効いて反発力を次の運動に繋げられてる様子と言いましょうか。それでいてちゃんとフニャ腰ではなく後脚の踏み込みもしっかりしている様子が見て取れると思います。

いやー、いいもの見ました。という自己満足の記事でしたw

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中