【展望】天皇賞(春)(追記あり)

ナムラクレセント、マイネルキッツという歴戦のステイヤー2騎に、和田、松岡というこれまた長距離G1では外せない騎手が手綱を握り、21世紀最強世代とも言われる4歳世代を迎え撃つ、という展開になるでしょうおそらく。 展開読みは先週で痛い目に遭ったのでw、パドック、返しで最終判断するのは言うまでもありませんが、心中ではもう大体決めています。

ナムラクレセント

マイネルキッツ

エイシンフラッシュ

(馬場が渋れば)ビートブラック

勝ち馬はこの4頭の中から探す事にします。 ナムラクレセントは馬体の適性を見て馬券を買う人間にとって、この距離この競馬場で行われるレースなら必ず買わなければいけない馬、位に高く評価している馬です。ただ馬体の構造上持続的スピードに優れている反面切れ味勝負では劣ってしまい、ナムラクレセントは去年いざ勝負という瞬間にトーセンクラウンにぶつけられて終了してしまい残念なレースになってしまいました。そして折り合いを欠くほど気性が荒いのがこの馬の欠点で、「この気性が直ればなあ…」と思っていたのですが阪神大賞典を道中折り合って最後抜け出したレースは気性面での成長が伺え、今このタイミングなら、と思わせるのには充分な状態にあると思います。

マイネルキッツはもうバレバレすぎる長距離適性で、去年も残り200mまでは「ああ連覇だ」と思う位の4角からの抜け出しで、今年も絶対の自信を持って望んでくる事でしょう。問題は最後の追い切りの併せ馬で日経賞でもちぎられてしまったトゥザグローリーに先着されてしまったところ。フォームそのものに大きな問題がある訳ではありませんが、馬の精神的な問題として「この馬には敵わない」という意識が植え付けられてしまったのではないかという点。勿論こちら側の勝手な思い込みである可能性は多いにありますが。

この2頭に対抗しうる4歳勢はエイシンフラッシュ、ビートブラックの2頭を上げておきます。 エイシンフラッシュは皐月賞、ダービーと◎を打ち、その◎を打てた理由は唸りを上げるような追い切りにあったのですが、サラブレッドとして最高の舞台であるダービーで渾身の追い切りをし、あの激走をしてしまったがためにその後秋にはもう簡単に言うならば「お釣りが残っていなかった」と言えるのではないでしょうか。 そしてあれからほぼ1年近くが経ち、大阪杯を叩いての一戦。今回の追い切りはあの時に近いようなすばらしい追い切りだったんじゃないかと思います。折り合いにも進捗を見せていますし、外枠からでも突き抜けるだけの力はあると思っています。なんと言っても「ダービー馬」ですからねw

そしてビートブラックは、去年の菊花賞で◎にした馬。理由は胸前の深さから心肺能力の高さをイメージできたから、この1点につきるのですがw、繋はあまり長くないし管径は太いしでパワー型の骨量多めの阪神向きという感がありますが、馬場が渋ればこの枠、この騎手なら内ら前目につけて直線じりじりと伸びてくる姿は想像が出来ます。パドックで良かったら拾いたい一頭ですね。

(5/1 23:00 追記)

結局馬券に落とし込んだのはこれでした。

ナムラ単複から3−1、15のワイド2点で(twitter)

的中した事はしたのですが、勝ち馬には全く見向きもしませんでした。予想としては完全に負けと言えます。

ハナがめまぐるしく入れ替わる展開から、和田騎手の腹を括ったバックストレッチからのロングスパート、それに呼応する松岡キッツ。そこから一気に流れて直線で雪崩れ込む。残り200mまでは勝ったと思ったんですけどねー…。

広告

【1週前追い切り】天皇賞(春)

エイシンフラッシュ B+

マイネルキッツ B+

エイシンフラッシュのダメな時の追い切りは、追い出してから頭が沈まず手前をコロコロ替えてバタバタするんですが、今回はそういう事もなく、頭はまだ若干高いもののかなり復調している事が伺えます。

マイネルキッツは岡田さん(総帥)がBS11の中継で以前仰っていたように、とてもエネルギー効率の良く地面に作用する走りをする馬で、同じようなフットワークを連続して繰り出せるのが強み。今回の1週前追いでも全身のバネを使って推進力を地面に伝えられていると見えるので。

フォトパドックを見た感じでは、4歳勢が強いのは認めつつも淀の3200mという舞台設定を考慮するとフォルム的にバチコンと来るタイプが4歳勢の中ではあまり感じられなかったので、まあいつもの通り基本に立ち返って追い切り、パドック、返しで判断しましょうよと、先週の同じ轍は踏まないという決意でw

【回顧】皐月賞

パドックと返し馬で馬を見、馬券に落とし込んだのは11ベルシャザールの単複、ナカヤマナイトとの馬連ワイドでした。

ただ、一番良く見えた馬は違いました。

一番良く見えた馬はその隣の12オルフェーヴルでした。

でも、一番良く見えたのにも関わらず「左回りがダメ」とか「馬場が超内伸び」などの”雑念’が邪魔をしたんですかね。

素直に良く見えた馬から入っていれば、というたらればは言いません。これを糧にして更に前進しなければ。

【予想】皐月賞

単勝候補

ナカヤマナイト

ステラロッサ

ベルシャザール

トーセンラー

敢えて1番人気サダムパテックを嫌う暴挙w でもゲートがそれほど良くはなく、出して行くと必ず掛かるこの馬にとって内枠は実はあまり良くないのではないかと思うのですよね。それならば隣の馬番で前走まさに府中皐月のシミュレーションとなり、中間の立ち写真がとても立派で魅力的だったナカヤマナイト、そのナカヤマナイトの共同通信杯の時計に、前の週の未勝利戦で0.1秒差(前が詰まりつつ)で、追い切りもゴール板後しっかり追えて反応も出来てたステラロッサ、ダイワメジャー@秋天のような乗り方をイメージしているであろう本日これ一鞍のみのアンカツさんに、この中間ミホノブルボンかと思わせるようなハードな調教(1日4本のブルボン様の半分以下ですけどねw)ベルシャザール、そして追い切りでは一番よく見え、つくづく枠とこのトラックバイアスが残念なトーセンラー。この辺を単勝候補にして明日の返し馬まで悩み通してみたいと思いますw

※ 若駒戦の密かな愉しみ(http://wakagoma.com)にて、僭越ながら対談をさせていただいております。

もしよろしければ、予想を一服入れたい時に、コーヒーでも飲みながらご覧下さいw

【フォトパドック】皐月賞

「開幕週の府中、内枠から前々でインベタ周ってちょい差しして後は粘りこみ」みたいなみたいな誰でも考えつく展開になるか否かという変則府中の皐月賞。

ということでとりあえずTR勝ち馬3頭を見てみます。(写真は全て競馬ブックwebより)

【オルフェーブル】 (スプリングS1着時)

肩や繋、飛節の角度からは兄ドリームジャーニーよりも府中には向いていると思えます。距離不足だった京王杯1戦だけで不向きな競馬場だと判断するのは早計では?走法自体は掻き込みの強いピッチ走法なのですが、モタれ癖がある馬だったのですが前走は腰がパンとしてきたのか追い切りでも坂路を真っ直ぐ追われて良化していたのですが、今回は腹線が緩んでいるところからも判るようにちょっとまだ追い不足という感じ。今週の追い切りでビシッと追えるかどうか見てみましょう。

【サダムパテック】 (弥生賞1着時)

見た目に毛艶の良さが判りますが、明らかに仕上げてなかった前走弥生賞時に比べ、後駆の体高が伸び腹線も腹ボテ体型を抜きにしてもだいぶすっきりと締まりが出てかなり上向いた形で出て来れそうですね。四肢の管が細く、柔らか味のある繋、縦方向にボリュームアップしてきたトモ。正直前後のバランスとかは好みの体型ではないのですがw、適性+状態評価で上に取らざるを得ないかなと。

【ダノンミル】(若葉S1着。前走写真なし)

若葉Sを12番人気で好位からの抜け出しで権利獲得した馬ですね。

父ジャングルポケット×BMSサンデーサイレンスということでもっとジャガーメイル的なヌメッとした質感の馬を想像していたのですが、写真を見てちょっとびっくりゴツゴツ系なんですね。この馬は肩から胸前への盛り上がりとトモまわりのボリューム感は去年の同じ時期のエイシンフラッシュのような盛り上がりで、(とここまで書いて父のダービー時の写真を見比べて後駆周りそっくりやんと思ってみたりw)管径細めで繋が標準的長さと角度。飛節も程よい角度であまりケチをつける所がありませんw ただ、前走パドックの動画を見る限りかなりチャカチャカとテンション高いタイプなのかなと。でもレースになると落ち着いてちゃんと折り合えてはいるのでその辺を考慮に入れて見る方がいいのかなと思います。まだ子供っぽい面もありますが、若葉Sのように比較的スムーズに流れて前めにつけたら侮り難く一発魅力あり。


【追い切り】桜花賞

さすがG1、どこも勝負賭けてきてますねー。

大本命レーヴディソールがいなくなってどこもちょっと色気だしてみよかー?みたいになってますねw

さて各馬短評。

 

トレンドハンター A

CW3頭併せ外馬なりで中の馬(ベストクルーズ)をぶっちぎって最内の馬と併せる形で先着。7Fをゆったり追って最後に伸びる形。中1週で抑え目…には見えませんw コズんで前が出にくくなるようなこともなく、可動域も広い。ホントに体調が良さそうです。ローテで嫌われるなら狙う価値ありではないでしょうか。

 

マルセリーナ B+

同じく松博厩舎。CW2頭併せの内馬なりから末一杯というところでしょうか。

高脚型フォームや仕掛けてからの反応度、レース動画からはやはり一瞬のキレタイプというよりもジワジワ伸びるというタイプだと思います。よってこの条件のレースでは常に抑えなければならない一頭。

 

ホエールキャプチャ B+

追い切り日の栗東坂路はかなり時計が出るコンディションだったようですが、それでもラスト1F11.7は秀逸でしょう。1週前もなかなかの動きを見せていましたが、前で掻きこめて後ろもちゃんと蹴って前に引きつけて、という動作一連にロスがなく、だからこの時計が出るという所でしょうか。

 

 

穴っぽいところで、

メデタシ B+

坂路最後のところの映像しかないのでこれでどうこう言えるものでもないのですが、映ってる部分だけで見ても伸びのある良いフォームで登頂しているのではないかと。栗東坂路1番時計で悪目立ちしちゃってるのが玉に瑕ですがw