【フォトパドック】日本ダービー

去年はエイシンフラッシュと心中!なんてカッコイイ事言ってやっつけてやりましたが、今年はグッとくる若駒がことここに及んでも一向に現れず・・・。

立ち写真とか稽古の動きとかでこの時期になると多少なりとも出てくるはずなんですけどねー。

「デットーリ!」「殿下!」で盛り上がるのでは本来いけないのであります。でも来てくれるのはすごく愉しみですけどw

まあしょうがないですね無い物ねだりしても。

というわけでフォトパドック。

A オルフェーヴル、ナカヤマナイト

B+ ダノンバラード(回避)、トーセンラー

B コティリオン

オルフェーヴルは皐月賞フォトパドックで全く良く見えずに、半ば押し掛け気味に参加した若愉放談でも消します宣言してしまい、パドック見て真っ青になった馬ですがw、今回はその印象よりも更に実が詰まった印象。前走は全てがガチッとハマった印象もありますが、鞍上含め今度は受けて立つ立場でどう乗るか注目です。

ナカヤマナイトは前走印象からは変わらず。肋が出つつも細身感は全くないパワー型。蹄、繋からは決して道悪上手い訳ではなく、その辺が日曜の馬場でどう出るか。

ダノンバラード回避しちゃったんですよねえ・・・。この馬も前走ハマった形ですがこの出来なら再度の好走も・・・と思っていただけに残念です。

トーセンラー。ディープ産駒のトモは父に似て、どちらかというと水平方向よりも垂直方向に長いトモを持った馬が多いのですが、この馬もそういった形の馬。東京も京都も向くタイプだとは思いますが、まとまりが良い分だけ逆に強調点も少ないというか、スケール感ではいまひとつという印象。アタマまで、と言われると枠と展開次第、としか。

コティリオン。でぃらんさんと同じくPOGで選んでいる馬なのですが、JCの時に東京競馬場でこの馬が出ているレースのパドック見て「うーんやっぱ(前が)硬ぇなあ…」と思ったりしていたのですがようやくここにきて腰に実が入って来た感じ。NHKマイルの激走の反動もなさそうですし、長く良い脚を使える事は証明済み。あとは馬場と折り合いさえつけば。ということで思い入れ枠ですw

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中