【追い切り】宝塚記念

ドリームジャーニー 4.5★★★★☆

CW(良) 池添 6F80.9-65.3-50.8-37.7-11.9

2週前・1週前とCWで追われ今週もCW入り。1週前追い切りの方がインパクトは強かったですが、相変わらずピッチ走法の権化のような掻き込みの強い走法でビッシリ。追ってから反応もよく後は当日のテンションとパドック次第。

エイシンフラッシュ 4.5★★★★☆

CW(良) 鮫島良 6F81.6-66.2-51.4-38.0-11.7

併せ馬内側。掻き込み強いストライド。ポイントである首使いと高脚気味に前肢の可動域の広さがあって追ってからクッと沈んで弾ける。手前を途中パタッと1度替えてるのが気にかかる所ですが、手先の軽い走りで伸長収縮も効いているので問題ないレベルでしょう。追い切り後の写真を見る限りではフォトパドックで懸念した肩周りの筋肉が盛り上がっていてトモの張りも充分。あとは鞍上との息が合うか。

ルーラーシップ 4.5★★★★☆

CW(良) 助手 6F86.2-68.4-53.8-38.8-11.7

角居厩舎と言えば3頭併せなんですが今回は普通の2頭併せの内側。攻めは動く一杯マゼラン相手にグイッと伸びて先着。大トビながら回転力があり、首を振り子のように使うフォーム。フォーム的には外のマゼランの方が首使いとかは好みなのですがw やっぱり外枠欲しかったですよねえ。。。

アーネストリー 4.0★★★★

栗東坂路(良) 佐藤哲 52.5-37.7-24.8-12.6 叩き一杯

坂路を単走でビッシリ追われ通し。飛節の反発力を活かして後驅の回転を強くした走り。最後まで回転が落ちずにラスト12秒台で纏めたのは1週前の追い切りよりも良くなってる所ですね。できれば良馬場で枠を活かして粘り込めれば。

ブエナビスタ 3.5★★★☆

CW(良) 助手 7F98.1-81.1−65.5–51.7–38.5−12.1

併せ馬内側。追ってから伸びるも肩の出がイマイチで手前もパタパタ。一言で言うと「調子悪い時のブエナビスタ」なんですが、こんな感じでも常に馬券圏内には来るような馬なのでこれでも充分なのでしょう。それに加え今回は1完歩そのものもちょっと小さく見えるので追い切りからは評価出来ないのですが。。

シンゲン

後ろがスパスパ捌けて前もよく回って、休み明けでもかなり仕上げは良さそう。あとは輸送でテンション上がってしまわないかがカギですが。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中