東京サラブレッドクラブ2013年募集馬全頭チェック 〜ゼンノロブロイ・ウォーエンブレム産駒〜

========================================

はじめに

管理人による診断はあくまで個人の一意見によるものです。馬はその成長や育成方法によって如何様にも変わりうる生き物です。皆様がこれを読んでもし出資を決断される一助になるのであればそれは私にとっても光栄な事ですが、それによって生じる責任はあくまで個々の責任に依るものだと言う事を予めお断りしておきます。

========================================

ダンシングエディ12

素軽い作りの牝馬ですが左前がちょっと弓ってるのと左後の繋に若干の腫れがあるように見えますね。それ以外は特に可もなく不可もなく。

レックスレイノス12

骨量多くトモも大きく一見するとダートっぽく見えますがそれでいて硬さはあまり感じず動きの大きさもあり結構芝でもやれるんでは、という好素材だと思います。仕上りも早そうなので面白い一頭。

アルウェン12

ギンザボナンザの全妹ですね。骨格的にはき甲が抜けかけていて胸前にも深さがあり、ただちょっと前脚の付く位置がもう少し後ろ側だとベストだったのですが、全姉と同じような競馬場で活躍しそうです。脚元も特に問題はないでしょう。

チーフオフィサーⅡ12

多少前捌きが硬くあまり早い上がり脚も使えなさそうなので湿っぽいダートでサクサク、というウォーエンブレム産駒の典型みたいな馬ですかね。

カロンセギュール12

セレクトセール購入馬ですね。買値の分だけ突出して高い馬になっております。その分窮屈な所が無く成長の伸び代もきっちりある馬体ですね。右後の管に小さな骨瘤がありますがまあ問題ないレベルでしょうか。芝で活躍する所が見てみたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中